激痛で身動き一つ取れないぎっくり腰を自分で治すセルフ施術法|東京都の整体パナケア

query_builder 2021/01/26
ブログ


「グキッ!!!あっ!」



仕事中、突然腰に激痛が走って、手すりを掴んだまま身動き一つ取れなくなってしまった!!!


初めて感じる痛みでも、この痛みが何なのかすぐにわかってしまう、それが「ぎっくり腰」です。



ドイツ語では「魔女の一撃(ヘクセンシュウス)」と呼ばれるこのぎっくり腰は、どんな大切な用事をしていようがお構いなしに突然激痛に襲われ、その用事を中断へと追い込んでいきます。


本当に魔女のように無慈悲だと感じてしまう。



私も10年ほど前にぎっくり腰に襲われたことがありました。


大切な仕事中だったにもかかわらず、その激痛のためにその場で動けなくなり、何もできなくなってしまいました。


医者にもいけず、ただ症状が緩和されるのを願うしかない無力さを感じつつ。



今、私はそういう人たちのためにフリーの施術家として、痛みで困っている人のところまで赴いて施術をしています。


東京や神奈川、千葉など関東一円、京都、大阪など関西方面まで出張施術することもあります。



私がぎっくり腰で困っていたあの時、仕事場まで来てくれるフリーの治療家がいたらどんなにありがたかっただろうと思います。



しかし、今私が思うのは、ぎっくり腰はそれほど恐れるほどのものではない、ということです。



実は、2日前に10年ぶりにぎっくり腰をやってしまいました。


正確にいうと、激痛になる寸前で自分で対処して止めました。 みなさんもぎっくり腰になった時、整形外科や整体にすぐ行けないことも多いと思うので、その方法をお伝えいたします。



私の師である山内義弘先生がYouTubeに動画で解説してくれていますので、こちらを参考にしてみてください。 



【立ったり座ったりできない痛み】


これは骨盤の仙骨と腸骨の関節(仙腸関節)の動きに問題があるために起こります。



【歩いたりその他の動作痛で動けない痛み】


これは肋骨と胸椎の関節(肋椎関節)の下部の動きに問題があるためにおこります。



これらの動きを改善してあげたり、自分でサポートしてあげると、痛みが最小限で立ったり座ったりすることができます。


その動きを改善するセルフ施術のやり方が以下の動画です。



緊急初公開【ぎっくり腰を超簡単に治す方法】

https://www.youtube.com/watch?v=6a8jp7iQjy8&t=1s


即効3秒!肋骨はがし

https://www.youtube.com/watch?v=p5Ra6AhtHrI


瞬間3秒!秘伝の仙骨はがし

https://www.youtube.com/watch?v=lBXFq2Nx4NI&t=259s



このやり方を覚えておけば、ぎっくり腰も本当に怖くありません。 普通に歩けるようになったら、その後は専門の医者や施術院に一度みてもらいましょう。


私も実際にこれをおこない、その場で普通に歩けるようになりました。


また、これらの関節はあらゆる動作の起点となる関節ですので、ぎっくり腰の時だけでなく、普段からやっておけば怪我の予防にもつながります。 是非お試しください。


NEW

  • 【99%の人は知らない!脊柱管狭窄症の本当の改善方法】東京都、千葉、神奈川、他主要都市の重度の痛...

    query_builder 2021/04/26
  • 【寝返りの激痛を一撃で改善する 脊柱管狭窄症治療の絶対法則】

    query_builder 2021/04/14
  • 【激痛で寝たきりの方が1ヶ月で自分で立てるように】|脊柱管狭窄症など重度の痛み専門整体院パナケア...

    query_builder 2021/04/04
  • 【脊柱管狭窄症の手術、本当に受けたいですか?】

    query_builder 2021/03/30
  • 脊柱管狭窄症の診断を受けた時、腕のいい名医を探してはいけない理由とは!?

    query_builder 2021/03/18

CATEGORY

ARCHIVE